5月, 2014年

【ADR和解案】 一部拒否、回答延長に批判 弁護団「損害軽視」 東電「吟味、検証に時間」 – 福島民報

2014-05-31

福島民報

【ADR和解案】 一部拒否、回答延長に批判 弁護団「損害軽視」 東電「吟味、検証に時間」
福島民報
東京電力福島第一原発事故を受け、県民らが政府の原子力損害賠償紛争解決センターに申し立てた裁判外紛争解決手続き(ADR)で、東電がセンターの和解案を一部拒否したり、受諾するかどうかの回答期限延長を求めたりするケースが少なくとも十数件に上っている。東電は ...
「誠意見られぬ」 浪江町長が批判朝日新聞

all 4 news articles »

一部拒否、回答延長に批判 ADR和解案 – 福島民報

2014-05-31

東京新聞

一部拒否、回答延長に批判 ADR和解案
福島民報
東京電力福島第一原発事故を受け、県民らが政府の原子力損害賠償紛争解決センターに申し立てた裁判外紛争解決手続き(ADR)で、東電がセンターの和解案を一部拒否したり、受諾するかどうかの回答期限延長を求めたりするケースが少なくとも十数件に上っている。東電は ...
避難1.5万人「苦しみ同じ」 浪江町、一律賠償和解案受け入れ東京新聞
「誠意見られぬ」 浪江町長が批判朝日新聞
福島原発:飯舘住民に「同等」ADR和解案 東電一部拒否毎日新聞
時事通信 -ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 -中日新聞
all 29 news articles »

ふるさと:原発事故38カ月 一家でまた暮らしたい 福島・郡山の46歳、自主避難し5歳長男と別居 – 毎日新聞

2014-05-31

ふるさと:原発事故38カ月 一家でまた暮らしたい 福島・郡山の46歳、自主避難し5歳長男と別居
毎日新聞
避難先の群馬県高崎市は、古里の福島県郡山市から約200キロ。「5歳の長男は避難生活のストレスで円形脱毛症になり、頭部の3分の2は髪がありません」。福島第1原発事故を巡り国と東京電力を訴えた訴訟で、自主避難している女性(46)が法廷に立って意見陳述した。

群馬)EUに上州和牛輸出へ 国内初 – 朝日新聞

2014-05-31

群馬)EUに上州和牛輸出へ 国内初
朝日新聞
東京電力福島第一原発事故の影響で11年度の輸出はゼロとなったが、12年度に再開して約15トンを輸出し、13年度は約29トンを輸出した。 県は、農畜産物の輸出額を15年度までに約2億円にする目標を掲げている。蚕糸園芸課によると、13年度の輸出額は約2億8千万円 ...

and more »

原発賠償、規定を明確に 政府、検討会で免責など議論 – 日本経済新聞

2014-05-31

原発賠償、規定を明確に 政府、検討会で免責など議論
日本経済新聞
原子力発電所の事故が起きたときに誰がどう賠償するかを定めた制度を見直す議論が始まる。いまの原子力損害賠償法(原賠法)は事業者を免責するケースがはっきりしないなどあいまいな規定が多い。政府はエネルギー基本計画で原発の活用を決めたのを機に、東京電力 ...
原子力損害賠償法見直しへ 政府、6月に検討会議を設置朝日新聞
電力会社の責任議論=原発事故賠償、法改正へ―政府ガジェット通信

all 5 news articles »

電力会社の責任議論=原発事故賠償、法改正へ-政府 – 時事通信

2014-05-31

電力会社の責任議論=原発事故賠償、法改正へ-政府
時事通信
政府は30日、原子力損害賠償法(原賠法)の改正に向けた議論を開始する方針を固めた。官房副長官がトップとなり、関係省庁の副大臣でつくる会議を早ければ6月にも設置する。原発事故が起きた際の電力会社の責任の範囲や、国の責任の在り方などが焦点となる見通しだ。
原子力損害賠償法見直しへ 政府、6月に検討会議を設置asahi.com
政府、原賠法見直しに着手 6月にも関係会議を設置日本経済新聞

all 4 news articles »

原子力損害賠償法見直しへ 政府、6月に検討会議を設置 – asahi.com

2014-05-30

原子力損害賠償法見直しへ 政府、6月に検討会議を設置
asahi.com
原発事故の賠償責任を定めた原子力損害賠償法(原賠法)の見直しについて政府は6月にも検討会議を設けて作業を始める。事故が起きた場合の賠償について、電力会社と国の責任のあり方などについて議論する。 桜田義孝・文部科学副大臣が30日、衆院内閣委員会で ...
原発賠償、規定を明確に 政府、検討会で免責など議論日本経済新聞
電力会社の責任議論=原発事故賠償、法改正へ-政府時事通信

all 5 news articles »

電力会社の責任議論=原発事故賠償、法改正へ―政府 – ガジェット通信

2014-05-30

電力会社の責任議論=原発事故賠償、法改正へ―政府
ガジェット通信
政府は30日、原子力損害賠償法(原賠法)の改正に向けた議論を開始する方針を固めた。官房副長官がトップとなり、関係省庁の副大臣でつくる会議を早ければ6月にも設置する。原発事故が起きた際の電力会社の責任の範囲や、国の責任の在り方などが焦点となる見通しだ。

政府、原賠法見直しに着手 6月にも関係会議を設置 – 日本経済新聞

2014-05-30

政府、原賠法見直しに着手 6月にも関係会議を設置
日本経済新聞
政府は原子力発電所の事故が起きたときの賠償責任を定めた原子力損害賠償法(原賠法)の改正作業に着手する。6月中にも文部科学省や経済産業省の幹部を集めた関係会議を設置する。電力会社などの原発事業者と国の責任分担のあり方が焦点となる。 桜田義孝文科副 ...

本県原告が抗議文 原発訴訟で – 新潟日報

2014-05-30

本県原告が抗議文 原発訴訟で
新潟日報
東京電力福島第1原発事故で福島県から本県に避難した住民が国と東電に損害賠償を求め、新潟地裁で係争中の訴訟で、国側が「原告の意見陳述は不要」としたことについて原告3人が29日、発言撤回を求める抗議文を新潟地方法務局に提出した。 原告の避難者は国と東電 ...

« Older Entries
Copyright(c) 2014 原子力損害賠償群馬弁護団 All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業