5月, 2014年

知事 農協改革に慎重姿勢 定例記者会見 ひたち海浜公園放射線問題 – 東京新聞

2014-05-30

東京新聞

知事 農協改革に慎重姿勢 定例記者会見 ひたち海浜公園放射線問題
東京新聞
原発事故の損害賠償も県中央会という組織があったから、うまくいったと思っている」と述べ、「全農、中央会の果たしている役割は相当大きい」と擁護した。 さらに、山間部にも配達する郵便事業を例に、「資本の論理から言えば、すぐやめてしまう」と企業の農地所有も疑問視。

and more »

和解案回答、延期申し入れ=浪江町原発ADR―東電 – ガジェット通信

2014-05-29

和解案回答、延期申し入れ=浪江町原発ADR―東電
ガジェット通信
福島県浪江町の住民約1万5000人が東京電力福島第1原発事故の慰謝料増額を求めた裁判外紛争解決手続き(ADR)で、仲介機関の原子力損害賠償紛争解決センターが示した和解案について、東電が30日までの回答期限を1カ月延長するよう申し入れたことが29日、 ...

and more »

東日本大震災:福島第1原発事故 福島からの避難者対象、原子力損賠説明会 水戸で来月8日 /茨城 – 毎日新聞

2014-05-29

東日本大震災:福島第1原発事故 福島からの避難者対象、原子力損賠説明会 水戸で来月8日 /茨城
毎日新聞
東京電力福島第1原発事故で、茨城県内に避難している福島県の避難者を対象とした「原子力損害賠償説明会」が6月8日、水戸市文京2の茨城大社会連携センターで開催される。同大人文学部と県弁護士会が主催。原発被害救済県弁護団の事務局長を務める関健太郎弁護士 ...

たんぽぽ舎メルマガNO.2182~原子力規制委人事を原発推進者(田中知)へ変更 – レイバーネット日本

2014-05-29

たんぽぽ舎メルマガNO.2182~原子力規制委人事を原発推進者(田中知)へ変更
レイバーネット日本
そして福島第一原発事故のあと、2011年9月12日に設立された原子力損害賠償支援機構の運営委員をつとめ、電力会社の走狗として立ち働いてきた人間です。2013年11月5日にその原子力損害賠償支援機構の運営委員会「委員長代理」に再任されて、福島県民の救済を ...

and more »

福島原発:東電和解案拒否 飯舘村「ADRないがしろ」 – 毎日新聞

2014-05-28

福島原発:東電和解案拒否 飯舘村「ADRないがしろ」
毎日新聞
政府の原子力損害賠償紛争解決センター(ADR)が福島県飯舘村蕨平(わらびだいら)地区の住民に示した和解案について、東京電力が内容の一部受け入れを拒否した問題。1年以上の審理を経て和解案を得た住民たちは、28日に福島市内で開いた記者会見で「東電はADRの ...

福島原発:飯舘住民に「同等」ADR和解案 東電一部拒否 – 毎日新聞

2014-05-28

福島原発:飯舘住民に「同等」ADR和解案 東電一部拒否
毎日新聞
政府の原子力損害賠償紛争解決センター(ADR)が、東京電力福島第1原発事故で「居住制限区域」に再編された福島県飯舘村蕨平(わらびだいら)地区の住民に、より放射線量の高い「帰還困難区域」と同等の賠償を認めた和解案について、東電がADRに対し、一部を「拒否 ...

玄海、川内原発の無期限停止を要請 – NET-IB NEWS

2014-05-28

NET-IB NEWS

玄海、川内原発の無期限停止を要請
NET-IB NEWS
過酷事故が起きた時の損害賠償額の想定について、九電側は「損害額を想定できないので、計算していない」「青天井でいくらでも賠償する」「事故が起きないようにするのが(わが社の)大前提だ」と回答。避難計画について、「要援護者を含め地域住民の避難計画について、 ...

and more »

東電から回答なし 飯舘・蕨平地区ADR – 福島放送

2014-05-28

東電から回答なし 飯舘・蕨平地区ADR
福島放送
東京電力福島第一原発事故で居住制限区域となった飯舘村蕨平地区の住民が、東電に損害賠償を求めて原子力損害賠償紛争解決センターに申し立てた裁判外紛争解決手続き(ADR)で、先行して和解案が示されていた世帯に対する東電からの4度目の回答期限は27日と ...

and more »

「指針に基づき対応」 浪江町ADR 和解案で石崎東電副社長 – 福島民報

2014-05-28

「指針に基づき対応」 浪江町ADR 和解案で石崎東電副社長
福島民報
東京電力福島第一原発事故を受け、浪江町民が精神的損害賠償の増額などを求め原子力損害賠償紛争解決センターに申し立てた裁判外紛争解決手続き(ADR)で、センターが国の指針と異なる和解案を提示したことを受けて、石崎芳行東電副社長(福島復興本社代表)は「 ...

4度目期限も回答なし 舘飯・蕨平地区ADRで東電 – 福島民報

2014-05-28

4度目期限も回答なし 舘飯・蕨平地区ADRで東電
福島民報
東京電力福島第一原発事故で居住制限区域となった飯舘村蕨平地区の住民が、東電に損害賠償を求めて原子力損害賠償紛争解決センターに申し立てた裁判外紛争解決手続き(ADR)で、先行して和解案が示されていた世帯に対する東電からの4度目の回答期限は27日と ...

« Older Entries Newer Entries »
Copyright(c) 2014 原子力損害賠償群馬弁護団 All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業