6月, 2014年

原子力科学技術委員会(第11回) 議事録 – 文部科学省

2014-06-30

原子力科学技術委員会(第11回) 議事録
文部科学省
3番目のところで,原発依存度に関しても記載がございまして,原発依存度につきましては,省エネルギー・再生可能エネルギーの導入や火力発電所の効率化などにより,可能な限り低減させる。その方針の下で,我が国の今後のエネルギー制約を踏まえ,安定供給,コスト低減,温暖化対策, ... この中で,原 ...

and more »

原発事故 メーカー免責 政府が加盟目指す「原子力賠償条約」 – 東京新聞

2014-06-30

東京新聞

原発事故 メーカー免責 政府が加盟目指す「原子力賠償条約」
東京新聞
外務省の担当者は条約加盟の意義を「外国企業が東京電力福島第一原発の事故収束作業に参加しやすくなる」とする。損害賠償訴訟も全て発生国で行われることになり、廃炉作業で事故が起きても米国に多い超高額の訴訟リスクが低くなるから-との理屈だ。だが、これが条約 ...
たんぽぽ舎メルマガ NO.2212~東電の暴力的な株主総会運営レイバーネット日本

all 4 news articles »

東京理科大学 教授 北原 和夫 氏「研究者が市民と社会と関わることで、新しい学問を切り拓く」 – Science Portal

2014-06-30

東京理科大学 教授 北原 和夫 氏「研究者が市民と社会と関わることで、新しい学問を切り拓く」
Science Portal
また、原発事故を例にとると、冷却に電源が必要で電気がないと成り立たない発電所というのは、論理矛盾しているわけです。論理的に科学的 ... 東日本大震災では、群馬大学教授の指導で津波の避難訓練を重ねて生存率99.8%となった「釜石の奇跡」がありました。何が起こる ...

命華やぐ尾瀬 国立公園指定80年 保護へ努力続く – 福島民報

2014-06-30

命華やぐ尾瀬 国立公園指定80年 保護へ努力続く
福島民報
本県と新潟、群馬両県にまたがる尾瀬は国立公園に指定されてから今年で80年となる。唱歌「夏の思い出」にも歌われるなど、昔も今も全国の多くの人に愛される。悠久の歴史が紡いだ大自然は、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興を目指す県民にとって ...

and more »

社説:浪江町原発賠償 東電は和解受け入れを – 毎日新聞

2014-06-30

社説:浪江町原発賠償 東電は和解受け入れを
毎日新聞
福島県浪江町の町民約1万5000人が、福島第1原発事故による慰謝料増額を求めていた問題で、仲介する政府の原子力損害賠償紛争解決センターが示した和解案の受諾を東京電力が拒否した。 簡便な手続きで未曽有の被害を受けた人の早期救済を図る目的で、原発ADRと ...

政治変える“かけ橋”へ前進を – しんぶん赤旗

2014-06-29

政治変える“かけ橋”へ前進を
しんぶん赤旗
討論では、この日行われた原発再稼働反対共同行動など国民と連帯した革新懇運動の姿に拍手が度々起こりました。 東京の代表は、21の地域と職場革新懇が解釈改憲反対の国会前行動に参加したことや、都議会各会派要請など地域からのたたかいを報告。群馬・高崎では ...

たんぽぽ舎メルマガ NO.2211~川内原発再稼働阻止!決意固める – レイバーネット日本

2014-06-28

たんぽぽ舎メルマガ NO.2211~川内原発再稼働阻止!決意固める
レイバーネット日本
川内原発再稼働阻止!決意固める 6月12(木)-14日(土)川内行動に参加して 鹿児島に1000名集結 集会・要請・記者会見 盛り上がる<下> 渡辺寿子(原発いらない・ちば) ☆3.新聞より5つ ◇福島の被災者は苦しんでいる 「東電にイジメラれてズタズタ」 (6月27日東京新聞「 ..... 案 東京電力福島第 ...

and more »

福島原発避難者:「傍聴サポーター」募集中…「札幌訴訟」 – 毎日新聞

2014-06-28

福島原発避難者:「傍聴サポーター」募集中…「札幌訴訟」
毎日新聞
福島県から北海道へ避難した人たちが国と東電に1人当たり1650万円の損害賠償を求めた集団訴訟は昨年6月、13世帯43人が札幌地裁に提訴。これまでに4回、口頭弁論が開かれた。1回目は満席になったが、以降は7割程度に減っている。 原告の傍聴がかなわないのは、 ...

and more »

脱原発集会:100回目 雨の日も雪の日も休まず−−JR高崎駅西口 /群馬 – 毎日新聞

2014-06-28

原発集会:100回目 雨の日も雪の日も休まず−−JR高崎駅西口 /群馬
毎日新聞
東京電力福島第1原発事故以降、市民が毎週金曜日にJR高崎駅西口で開いている脱原発集会が27日、100回目を迎えた。2012年8月3日の初開催から、雨の日も雪の日も一度も休まず「原発はいらない」と訴え続けている。 集会は、毎週金曜日に東京の首相官邸前で開 ...

and more »

デモ「タカキン」100回 脱原発や集団的自衛権 思い思いに – 東京新聞

2014-06-28

東京新聞

デモ「タカキン」100回 脱原発や集団的自衛権 思い思いに
東京新聞
タカキンは、東京・永田町の首相官邸前で原発の再稼働反対を訴えるデモに参加していた大塚さんたち県内有志が、グループ「原発とめよう群馬」をつくって二〇一二年八月から始めた。 参加者は会社員や保育園職員、学生などさまざまで毎回三十人ほど集まる。一回きりだった ...
原発集会:100回目 雨の日も雪の日も休まず−−JR高崎駅西口 /群馬毎日新聞

all 5 news articles »
« Older Entries
Copyright(c) 2014 原子力損害賠償群馬弁護団 All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業