7月, 2014年

たんぽぽ舎メルマガ NO.2238~東電経営陣の「起訴相当」を検察審査会が決定 – レイバーネット日本

2014-07-31

たんぽぽ舎メルマガ NO.2238~東電経営陣の「起訴相当」を検察審査会が決定
レイバーネット日本
みなさんに日立の「悪行」をお知らせします どうしても国民投票で原発を否としたリトアニアの政府に喰らいつき 結託して原発を輸出したい 崔 勝久[NNAA(No Nukes Asia Actions)Japan 事務局長] ☆4.新聞より5つ ◇川内再稼働 小泉元首相「どこが安全か」 (7月31日東京新聞夕刊より) .... 国は栃木の ...

and more »

東電が原発事故後初の黒字、今年4-6月期 – TBS News

2014-07-31

Newsweekjapan

東電が原発事故後初の黒字、今年4-6月期
TBS News
一方、最終損益については事故の損害賠償などにより、1732億円の赤字となりました。 東電は、火力発電の燃料費の増加による電気料金の再値上げについては極力避ける努力をすると強調。一方、今年度通期の業績予想については、新潟県の柏崎刈羽原発の再稼働の時期 ...
東電46月期は経常利益525億円、燃料費低減など効果ロイター
東電、経常益525億円=4年ぶり黒字転換—4〜6月期ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

all 35 news articles »

東電46月期は経常利益525億円、燃料費低減など効果 – ロイター

2014-07-31

東電46月期は経常利益525億円、燃料費低減など効果
ロイター
原子力損害賠償費2188億円(単独)を計上したことが赤字の要因だが、政府に対して原子力損害賠償支援機構からの資金援助5125億円の増加を申請済みで、第2・四半期で特別利益として計上する予定だ。 通期業績予想は、柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼動の見通しがつかないため、未定としている。 4─6月 ...

and more »

東電46月期は経常利益525億円、燃料費低減など効果 – ロイター

2014-07-31

東電46月期は経常利益525億円、燃料費低減など効果
ロイター
原子力損害賠償費2188億円(単独)を計上したことが赤字の要因だが、政府に対して原子力損害賠償支援機構からの資金援助5125億円の増加を申請済みで、第2・四半期で特別利益として計上する予定だ。 通期業績予想は、柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼動の見通しがつか ...

東電、経常益525億円=4年ぶり黒字転換-4~6月期 – 時事通信

2014-07-31

東電、経常益525億円=4年ぶり黒字転換-4~6月期
時事通信
東京電力が31日発表した2014年4~6月期連結決算は、経常利益が525億円(前年同期は294億円の赤字)と、4~6月期としては4年ぶりに黒字に転換した。火力発電の燃料価格上昇を転嫁する制度に基づき、電気料金を引き上げたことが主因。売上高は1兆5685億円 ...

最終処分場 また突然提示 指定廃棄物「名水の里になぜ」 – 東京新聞

2014-07-31

東京新聞

最終処分場 また突然提示 指定廃棄物「名水の里になぜ」
東京新聞
東京電力福島第一原発事故で発生した「指定廃棄物」の最終処分場について、環境省は三十日、栃木県内の候補地として塩谷(しおや)町寺島入(てらしまいり)の国有地を選定し、見形(みかた)和久町長に伝えた。しかし、事前説明もない突然の提示に住民は反発。国は栃木の ...
指定廃棄物:最終処分場候補に栃木・塩谷町 環境省方針毎日新聞
原発廃棄物の候補地選定で塩谷町が難色日刊スポーツ
汚染ゴミ最終処分場に栃木の候補地 環境省、きょう提示朝日新聞
MSN産経ニュース -日本経済新聞 -SankeiBiz
all 98 news articles »

人員確保国に要望へ 第一原発廃炉作業 – 福島放送

2014-07-31

人員確保国に要望へ 第一原発廃炉作業
福島放送
東京電力福島第一原発の廃炉作業の安定化に向け、本県と茨城、栃木、群馬、新潟の5県は合同で国に対し、長期にわたり作業員を確保する体制づくりを求める。 30日に群馬県高崎市で開かれた北関東磐越5県知事会議で佐藤雄平知事が提案し、合意した。 会議で佐藤知事 ...

放射性廃棄物最終処分場 – しんぶん赤旗

2014-07-31

放射性廃棄物最終処分場
しんぶん赤旗
東京電力福島第1原発事故で発生した放射性物質を含む指定廃棄物の最終処分場建設をめぐり、環境省の井上信治副大臣は30日、栃木県の候補地として塩谷町の国有地を選定したことを見形和久町長に伝えました。井上副大臣は同日、町役場を訪れて見形町長と会談し、詳細な現地調査の開始に理解を求め ...

常磐、只見線早期復旧を 5県知事会議 初の要望事項に – 福島民報

2014-07-31

常磐、只見線早期復旧を 5県知事会議 初の要望事項に
福島民報
30日に群馬県高崎市で開かれた北関東磐越5県知事会議では、JR常磐線と只見線の早期全線復旧を初めて要望事項に盛り込んだ。各県を ... 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故で被災した常磐線は茨城県民にとっても本県や宮城県を結ぶ貴重な路線となっていた。

施設再整備を正式表明 尾瀬視察の北川環境副大臣 – 福島民報

2014-07-31

施設再整備を正式表明 尾瀬視察の北川環境副大臣
福島民報
群馬県沼田市の尾瀬高で報道陣の取材に応じた。東京電力福島第一原発事故発生以降、本県側の登山口などで入山者数が回復していない現状を説明するとともに、尾瀬に滞在してもらえる仕組みづくりを検討する方針を示した。今後はビジターセンターや広場などの再整備に ...

and more »
« Older Entries
Copyright(c) 2014 原子力損害賠償群馬弁護団 All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業