9月, 2014年

「賠償に違い」避難区域外570人余申し立て – NHK

2014-09-30

賠償に違い」避難区域外570人余申し立て
NHK
原発事故の避難区域と隣接する福島県川俣町の住民570人余りが、「避難区域と放射線量に差はないのに、賠償に違いがあるのは被害の実態を無視している」として、国の紛争解決センターに集団で申し立てを行いました。 国の「原子力損害賠償紛争解決センター」に申し立てを ...
精神的賠償求めADR申し立て 川俣町小綱木地区の住民572人福島民報
避難区域と同じ慰謝料を 隣接地域の住民申し立てMSN産経ニュース
東日本大震災:福島第1原発事故 住民、ADR申し立て 避難区域隣接の572人−−川俣 /福島毎日新聞
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
all 9 news articles »

避難区域と同じ慰謝料を 隣接地域の住民申し立て – MSN産経ニュース

2014-09-30

避難区域と同じ慰謝料を 隣接地域の住民申し立て
MSN産経ニュース
東京電力福島第1原発事故の避難区域に隣接する福島県川俣町小綱木地区の住民572人が30日、「放射性物質の汚染で不安や苦痛を負った」として、避難区域と同様に月10万円の慰謝料支払いを東電に求める裁判外紛争解決手続き(ADR)を原子力損害賠償紛争解決 ...
賠償に違い」避難区域外570人余申し立てNHK
福島・川俣町住民が和解申請=避難区域隣接の570人—原発ADRウォール・ストリート・ジャーナル日本版

all 7 news articles »

消費税増税・原発政策・自衛権に関する見解についての記者会見(9/26) – BLOGOS

2014-09-30

消費税増税・原発政策・自衛権に関する見解についての記者会見(9/26)
BLOGOS
一つ言い忘れましたけれども、この原発再稼働についてはですね、原子力損害賠償法、この見直しというものがですね、当時も国会で決議・付帯決議がされておりまして、事故が起こったときの賠償額の問題が決まっていない、ルールが決まっていない、という中でですね、原発を ...

and more »

福島原発事故に伴う指定廃棄物の最終処分地選定をめぐる政策過程 – BLOGOS

2014-09-30

毎日新聞

福島原発事故に伴う指定廃棄物の最終処分地選定をめぐる政策過程
BLOGOS
福島県を除き、相対的に量の多い宮城・茨城・栃木・群馬・千葉の5県については、11年8月公布の「放射性物質汚染対処特措法」と、同年11月11日に閣議決定された国の「基本方針」に基づき、県内処理のための最終処分場を建設することが予定されている。残りの7都県 ...
特集ワイド:「忘災」の原発列島 再稼働は許されるのか 「指定廃棄物」最終処分場候補地、宮城県加美町ルポ毎日新聞

all 4 news articles »

福島原発事故めぐり東電や元請企業の責任を問う――現役の作業員が初めての提訴 – BLOGOS

2014-09-29

BLOGOS

福島原発事故めぐり東電や元請企業の責任を問う――現役の作業員が初めての提訴
BLOGOS
東京電力福島第一原発事故の収束・廃炉作業で本来支払われるべき危険手当などが支払われなかったとして、現役の作業員二人と元作業員二人が9月3日、東京電力(東電)や元請企業など17社を相手に計約6200万円の損害賠償を求める訴訟を福島地裁いわき支部に ...

特集ワイド:「忘災」の原発列島 再稼働は許されるのか 「指定廃棄物」最終処分場候補地、宮城県加美町ルポ – 毎日新聞

2014-09-29

毎日新聞

特集ワイド:「忘災」の原発列島 再稼働は許されるのか 「指定廃棄物」最終処分場候補地、宮城県加美町ルポ
毎日新聞
各都県が処理するのが基本だが、既存の処分場に余裕がない宮城、茨城、栃木、群馬、千葉の5県は国の責任で最終処分場を1カ所ずつ造ることにした。宮城では大和町(たいわちょう)と栗原市も候補地で、地質など詳細調査の実施後に1カ所に絞る。 現地を案内してくれた「 ...

and more »

太陽光発電事業で地域と農業を支援 – 環境ビジネスオンライン

2014-09-29

太陽光発電事業で地域と農業を支援
環境ビジネスオンライン
群馬県は日照時間が全国4位と長く、地価も割安とあって、いまや太陽光発電所のメッカの一つだ。ファームドゥも2年前から太陽光発電事業(PV)に参入した。PVに取り組むきっかけとなったのは、福島第一原発の事故だった。風評被害から首都圏に出店する農産物直売所「地産 ...

福島原発事故めぐり東電や元請企業の責任を問う――現役の作業員が初めての提訴 – 週刊金曜日

2014-09-29

週刊金曜日

福島原発事故めぐり東電や元請企業の責任を問う――現役の作業員が初めての提訴
週刊金曜日
東京電力福島第一原発事故の収束・廃炉作業で本来支払われるべき危険手当などが支払われなかったとして、現役の作業員二人と元作業員二人が9月3日、東京電力(東電)や元請企業など17社を相手に計約6200万円の損害賠償を求める訴訟を福島地裁いわき支部に ...

and more »

「脱原発 今しか…」 東海村で集会「忘れない」風化防ぐ – 東京新聞

2014-09-29

「脱原発 今しか…」 東海村で集会「忘れない」風化防ぐ
東京新聞
東海村の核燃料加工会社ジェー・シー・オー(JCO)東海事業所で二人が死亡した国内初の臨界事故が起きてから、三十日で十五年がたつ。これに合わせて東海村で二十八日、事故の風化を防ぐとともに脱原発を訴える集会(茨城平和擁護県民会議など主催)が開かれ、県内外 ...

and more »

臨界事故15年を前に集会=教訓生かし脱原発訴え—茨城・東海村 – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

2014-09-28

臨界事故15年を前に集会=教訓生かし脱原発訴え—茨城・東海村
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
JCOなどに対し、健康被害の損害賠償を求めた裁判の元原告で主婦の大泉恵子さん(75)は「福島の人は普通の日常生活が無くなり大変な思いをしている。原発を止めるのは今しかない」と訴えた。「臨界事故を語り継ぐ会」の相沢一正村議(72)は「原子力災害の大変な状況を ...

and more »
« Older Entries
Copyright(c) 2014 原子力損害賠償群馬弁護団 All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業