11月, 2014年

2014衆院選:有権者は何望む? 各陣営、準備態勢整え 地方経済/景気/子育て/原発再稼働や集団的自衛権 /群馬 – 毎日新聞

2014-11-30

2014衆院選:有権者は何望む? 各陣営、準備態勢整え 地方経済/景気/子育て/原発再稼働や集団的自衛権 /群馬
毎日新聞
衆院選公示前の最後の土曜となった29日、県内では各陣営の事務所開きが相次ぎ、一部で公開討論会も開かれた。立候補予定者たちが準備態勢を整える中、有権者は今回の選挙戦に何を望んでいるのか。各地で聞いた。 安倍晋三首相は21日、衆院解散後の記者会見で「 ...

安倍政権の原発事故対応「責任果たさず」半数 県内市町村長本社アンケート – 福島民報

2014-11-30

安倍政権の原発事故対応「責任果たさず」半数 県内市町村長本社アンケート
福島民報
原発事故に伴い避難区域が設定された12市町村では、南相馬市を除く11市町村長が「加速した」または「一部加速した」と答えた。除染、原子力損害賠償などが加速したと評価している。一部加速したと答えた宮本皓一富岡町長は今後の復興に向け、「健康管理や避難者支援 ...

安倍政権の原発事故対応「責任果たさず」半数 県内市町村長本社アンケート – 福島民報

2014-11-30

安倍政権の原発事故対応「責任果たさず」半数 県内市町村長本社アンケート
福島民報
原発事故に伴い避難区域が設定された12市町村では、南相馬市を除く11市町村長が「加速した」または「一部加速した」と答えた。除染、原子力損害賠償などが加速したと評価している。一部加速したと答えた宮本皓一富岡町長は今後の復興に向け、「健康管理や避難者支援 ...

and more »

マル激的総選挙の争点 – BLOGOS

2014-11-30

マル激的総選挙の争点
BLOGOS
元経産省官僚の古賀茂明氏によると、今年4月に公表された新エネルギー基本計画において原発を重要なベースロード電源として位置づけたことで、福島の除染費用、今後の廃炉費用などそれまでは電力会社の責任で行うことになっていたものをすべて国が面倒を見るような政策になり、法律改正が進んでいると ...

and more »

(核リポート)「核」と向き合う 市民らの胸中は – 朝日新聞

2014-11-29

朝日新聞

(核リポート)「核」と向き合う 市民らの胸中は
朝日新聞
日本原子力産業会議編「原子力は、いま」(86年発行)によると、誘致合戦は、超党派の議員でつくる原子力合同委員会のメンバーだった中曽根康弘衆院議員の地元・群馬県高崎市などと競った。一時は横須賀が第一候補地に浮上したが、一転して茨城県東海村に決まった。 もし横須賀に原子力研究所ができて ...

「インフラの復興」から「心の復興」へ – ハフィントンポスト

2014-11-29

ハフィントンポスト

「インフラの復興」から「心の復興」へ
ハフィントンポスト
いわき市北東部は福島第一原発から30km圏内に属します。当時、双葉郡の方々と同じ様に放射能不安を抱え ... これらの正しい矛先は国の「原子力損害賠償紛争審査会」が決めた基準とその基準内での賠償を行う東京電力です。 いわき市内に避難されている双葉郡の方々が ...

and more »

「インフラの復興」から「心の復興」へ – ハフィントンポスト

2014-11-29

ハフィントンポスト

「インフラの復興」から「心の復興」へ
ハフィントンポスト
いわき市北東部は福島第一原発から30km圏内に属します。当時、双葉郡の方々と同じ様に放射能不安を抱え ... これらの正しい矛先は国の「原子力損害賠償紛争審査会」が決めた基準とその基準内での賠償を行う東京電力です。 いわき市内に避難されている双葉郡の方々が ...

and more »

東日本大震災:福島第1原発事故 東電、全損賠償を受諾 原発ADR、拒否の3世帯不動産 /福島 – 毎日新聞

2014-11-28

東日本大震災:福島第1原発事故 東電、全損賠償を受諾 原発ADR、拒否の3世帯不動産 /福島
毎日新聞
国の原子力損害賠償紛争解決センターの和解仲介手続き(原発ADR)で、居住制限区域の飯舘村蕨平(わらびだいら)地区の33世帯に帰還困難区域と同等の賠償を認めた和解案について、東京電力は拒否していた3世帯分の不動産の全損賠償を受諾した。受諾は18、21日付 ...

衆議院選挙公約2014 – 社会民主党

2014-11-27

衆議院選挙公約2014
社会民主党
避難者への就労不能損害の賠償金支払い打ち切りを許しません。ADR(原子力損害賠償紛争解決センター)の和解案を東電が拒否することのないよう強く働きかけます。 ○川内原発をはじめ、原発再稼働は一切認めません。原発の新増設はすべて白紙撤回します。福島第一 ...

第38回 原発30キロ圏外の飯舘村民が踏み出した「誇り」を取り戻す闘い – BLOGOS

2014-11-27

第38回 原発30キロ圏外の飯舘村民が踏み出した「誇り」を取り戻す闘い
BLOGOS
原子力損害賠償紛争解決センターとは、原発事故による被害の賠償を迅速に進めるために国が設置した紛争解決機関だ。東電の賠償額に納得できない場合に申し立てをすれば、弁護士ら仲介委員が和解案を提示してくれる。裁判よりも手続きが簡単で解決のメドは4~5カ月と ...

« Older Entries
Copyright(c) 2014 原子力損害賠償群馬弁護団 All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業