3月, 2016年

東電の特別負担金700億円=原発賠償の返済資金―政府[時事] – ガジェット通信

2016-03-31

東電の特別負担金700億円=原発賠償の返済資金―政府[時事]
ガジェット通信
政府は31日、東京電力が国の原子力損害賠償・廃炉等支援機構に納付する「特別負担金」を、2015年度は700億円にすることを決めた。前年度から100億円増額した。特別負担金は、東電の毎年度の利益などに応じて決められ、国が一時的に肩代わりしている東電福島第1 ...
東電の「特別負担金」700億円 15年度、3年連続増額日本経済新聞

all 2 news articles »

東電の「特別負担金」700億円 15年度、3年連続増額 – 日本経済新聞

2016-03-31

東電の「特別負担金」700億円 15年度、3年連続増額
日本経済新聞
経済産業省は31日、東京電力が2015年度に福島第1原発事故の賠償費用の返済にあてる「特別負担金」を700億円とすると発表した。3年連続の増額となる。原油安やコスト削減で足元の業績が堅調なためだ。 賠償費用は政府が原発事故後に設立した原子力損害賠償・廃炉 ...

and more »

94万人が広域避難=浜岡原発の事故想定—静岡県 – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

2016-03-31

94万人が広域避難=浜岡原発の事故想定—静岡県
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
原発事故が単独で起きた場合は31キロ圏外の県内各市町のほか、神奈川、山梨、岐阜、愛知、三重の近隣5県に避難する。 一方、原発事故と同時に地震や津波などが起きる複合災害では近隣5県も被災する恐れがあるため、群馬、埼玉、東京、富山、石川、福井、長野の7都県 ...

and more »

出荷制限続く 原発事故後9県、名産品計画頓挫 – 毎日新聞

2016-03-31

出荷制限続く 原発事故後9県、名産品計画頓挫
毎日新聞
原発事故は、農業被害をもたらす野生鳥獣が増えて、各地で食肉利用を模索する中で起きた。群馬県中之条町の「あがしし君工房」は農業被害をもたらすイノシシを食肉やサラミ、コロッケなどの特産品に加工する施設として、同町や地元JAが2007年から運営を始めたが、出荷 ...

and more »

ツルハが控訴=原発被害の賠償訴訟で – BIGLOBEニュース

2016-03-30

ツルハが控訴=原発被害の賠償訴訟で
BIGLOBEニュース
東京電力福島第1原発事故の影響で福島県内の5店舗が営業できなくなったとして、ドラッグストアチェーンのツルハ(札幌市)が東電に約12億4700万円の損害賠償を求めた訴訟で、ツルハは30日、約2億円の支払いを東電に命じた札幌地裁判決を不服として控訴した。

and more »

ツルハが控訴=原発被害の賠償訴訟で – 時事通信

2016-03-30

ツルハが控訴=原発被害の賠償訴訟で
時事通信
東京電力福島第1原発事故の影響で福島県内の5店舗が営業できなくなったとして、ドラッグストアチェーンのツルハ(札幌市)が東電に約12億4700万円の損害賠償を求めた訴訟で、ツルハは30日、約2億円の支払いを東電に命じた札幌地裁判決を不服として控訴した。

and more »

ツルハが控訴=原発被害の賠償訴訟で – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

2016-03-30

ツルハが控訴=原発被害の賠償訴訟で
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
東京電力福島第1原発事故の影響で福島県内の5店舗が営業できなくなったとして、ドラッグストアチェーンのツルハ(札幌市)が東電に約12億4700万円の損害賠償を求めた訴訟で、ツルハは30日、約2億円の支払いを東電に命じた札幌地裁判決を不服として控訴した。

and more »

<原発事故>取引先廃業 間接損害も賠償 – 河北新報

2016-03-30

原発事故>取引先廃業 間接損害賠償
河北新報
東京電力福島第1原発事故の影響で福島県内の取引先が避難、廃業するなどして間接的な損害を受けたとして、宮城県内の5事業者が東電に計約3000万円の損害賠償を求めた訴訟は29日、仙台地裁(高取真理子裁判長)で4社の和解が成立した。東電が賠償金計約1250 ...

東日本大震災5年 原発事故処理費=関谷俊介(東京社会部) – 毎日新聞

2016-03-30

毎日新聞

東日本大震災5年 原発事故処理費=関谷俊介(東京社会部)
毎日新聞
処理費用は、被害者への損害賠償6兆1681億円▽放射性物質に汚染された地域の除染2兆6321億円▽汚染廃棄物の処理7156億円▽汚染土を保管する中間貯蔵施設整備3293億円▽廃炉・汚染水対策2兆2048億円−−で、総額12兆499億円。だが、中間貯蔵施設は国 ...

and more »

過酷事故、県外避難56万人を想定 県内の収容施設足りず、当初比4万5000人増 /茨城 – 毎日新聞

2016-03-29

茨城新聞

過酷事故、県外避難56万人を想定 県内の収容施設足りず、当初比4万5000人増 /茨城
毎日新聞
県は28日、日本原子力発電東海第2原発で過酷事故が起きた場合、県外への避難者は約56万3000人で、避難先は5県108市町村に上るとの見込みを明らかにした。県内避難所の収容人数が想定より少なかったため、県外が当初より約4万5000人増えた。まだ確定していない避難先 ... 一方、福島以外の4県 ...
知事定例記者会見茨城県
東海第2避難計画 56万人、隣接5県へ 県外避難先案まとまる茨城新聞

all 5 news articles »
« Older Entries
Copyright(c) 2016 原子力損害賠償群馬弁護団 All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業