4月, 2016年

「いかにんじん味のポテトチップス」9日に11県で発売 カルビーが復興支援 – 福島民報

2016-04-29

福島民報

「いかにんじん味のポテトチップス」9日に11県で発売 カルビーが復興支援
福島民報
カルビー(伊藤秀二社長兼COO=福島市飯野町出身)は県内の郷土料理「いかにんじん」の味わいを再現した「ポテトチップス いかにんじん味」を5月9日から東日本の11県で限定販売する。多くの世代に食べられている菓子を通じて本県の魅力をPRし、東日本大震災と東京電力 ...

and more »

一般ごみと同様処分 指定廃棄物、セシウム基準以下で – 上毛新聞ニュース

2016-04-29

一般ごみと同様処分 指定廃棄物、セシウム基準以下で
上毛新聞ニュース
環境省は28日、東京電力福島第1原発事故で発生した指定廃棄物に関し、放射性セシウム濃度が1キログラム当たり8000ベクレル超の基準を下回った場合は指定を解除し、一般ごみと同様の処分を認める新ルールを正式決定した。解除は国と自治体が協議して決め、解除後の ...

放射性廃棄物 新ルール決定 濃度下がれば一般ごみ – 東京新聞

2016-04-28

放射性廃棄物 新ルール決定 濃度下がれば一般ごみ
東京新聞
指定廃棄物は宮城、茨城、栃木、群馬、千葉の五県で発生量が多く、ごみ処理施設や下水処理場、農家の敷地などで一時保管されている。原発事故から五年以上たって放射性濃度が低下し、基準を下回る廃棄物が増えているとみられる。だが、解除の手続きに関する明確な ...

and more »

荏原製作所に56億円賠償命令=購入地に石綿建材、ヤマト運輸勝訴―東京地裁 – BIGLOBEニュース

2016-04-28

荏原製作所に56億円賠償命令=購入地に石綿建材、ヤマト運輸勝訴―東京地裁
BIGLOBEニュース
購入した物流ターミナル建設地にアスベスト(石綿)を含んだ建材が大量に埋まっていたとして、ヤマト運輸が約85億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(永谷典雄裁判長)は28日、売り主の荏原製作所に約56億円の支払いを命じた。 永谷裁判長は「産業廃棄物には .... 東京電力福島第1原発 ...

and more »

福島第1原発事故で旧保安院幹部ら「不起訴相当」 – BIGLOBEニュース

2016-04-28

福島第1原発事故で旧保安院幹部ら「不起訴相当」
BIGLOBEニュース
週刊文春の記事で名誉を傷付けられ、参院選に立候補できなくなったとして、元女優・田島みわ氏(52)が発行元の文芸春秋に1650万円の損害賠償などを求めた訴訟の控訴審で、東京高裁(高世三郎裁判長)は28日、440万円の支払いなどを命じた1審・東京地裁判決を ...

and more »

福島第1原発事故 指定廃棄物 セシウム濃度8000ベクレル切ったら一般ごみ 新処分ルール決定 – 毎日新聞

2016-04-28

福島第1原発事故 指定廃棄物 セシウム濃度8000ベクレル切ったら一般ごみ 新処分ルール決定
毎日新聞
指定廃棄物は宮城、茨城、栃木、群馬、千葉の5県で発生量が多く、ごみ処理施設や下水処理場、農家の敷地などで一時保管されている。原発事故から5年以上たって放射性濃度が低下し、基準を下回る廃棄物が増えているとみられる。 だが、解除の手続きに関する明確な ...

and more »

放射性廃棄物 新ルール決定 濃度下がれば一般ごみ – 東京新聞

2016-04-28

佐賀新聞

放射性廃棄物 新ルール決定 濃度下がれば一般ごみ
東京新聞
指定廃棄物は宮城、茨城、栃木、群馬、千葉の五県で発生量が多く、ごみ処理施設や下水処理場、農家の敷地などで一時保管されている。原発事故から五年以上たって放射性濃度が低下し、基準を下回る廃棄物が増えているとみられる。だが、解除の手続きに関する明確な ...
一般ごみと同様処分 指定廃棄物、セシウム基準以下で上毛新聞ニュース

all 12 news articles »

福島県が裁判外手続き申請 原発事故対応、東電に費用要求 – 日本経済新聞

2016-04-28

福島民報

福島県が裁判外手続き申請 原発事故対応、東電に費用要求
日本経済新聞
福島県は28日までに、東京電力福島第1原発事故への対応に要した人件費など計約4億1千万円の支払いを東電に求め、国の原子力損害賠償紛争解決センターに裁判外紛争解決手続き(ADR)を申し立てたと発表した。県としてADRの申し立ては初めて。 内訳は除染対策や ...
県、初のADR申し立て 風評対策など4.1億円福島民報

all 4 news articles »

福島第1原発事故 「のぞみの園忘れないで」 「光洋愛成園」利用者、福島に帰還 /群馬 – 毎日新聞

2016-04-28

毎日新聞

福島第1原発事故 「のぞみの園忘れないで」 「光洋愛成園」利用者、福島に帰還 /群馬
毎日新聞
東京電力福島第1原発事故を受け、福島県富岡町から高崎市に集団避難していた知的障害者施設「光洋愛成園」の利用者と職員の約100人が27日、新施設の完成に伴い、5年ぶりに福島県に帰還した。福島県によると、県外に集団避難した福祉施設13施設で最後の帰還。
高崎へ原発避難の障害者施設 5年ぶり福島に帰郷東京新聞
原発避難の障害者ら 帰還 2016年04月28日読売新聞
<東日本大震災>原発事故5年 知的障害者施設ようやく帰還BIGLOBEニュース
上毛新聞ニュース -産経ニュース
all 9 news articles »

「主張認められず残念」双葉病院遺族訴訟、賠償の基準不満残す – 福島民友

2016-04-28

47NEWS

「主張認められず残念」双葉病院遺族訴訟、賠償の基準不満残す
福島民友
原発事故という特殊な事情が考慮されたとは言えない厳しい判決」。東京電力福島第1原発事故直後、大熊町の双葉病院から避難し死亡した患者2人の遺族が東電に損害賠償を求めた訴訟の判決が27日、東京地裁で出されたことを受け、遺族の代理人弁護士は見解を述べた。
命の重さ反映されたか 双葉病院訴訟初判決 原告側表情険しく 避難の苦痛思い「残念」福島民報

all 6 news articles »
« Older Entries
Copyright(c) 2016 原子力損害賠償群馬弁護団 All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業