12月, 2014年

「各県処分」めど立たず=候補地の反対根強く-指定廃棄物問題 – 時事通信

2014-12-29

「各県処分」めど立たず=候補地の反対根強く-指定廃棄物問題
時事通信
東京電力福島第1原発事故で発生した放射性物質を含む指定廃棄物の処分問題をめぐり、国と地元の対立が深まっている。国は廃棄物が保管されている12都県内でそれぞれ処分する方針で、このうち仮置き場が逼迫(ひっぱく)している宮城、茨城、栃木、群馬、千葉の5県で ...

「各県処分」めど立たず=候補地の反対根強く-指定廃棄物問題 – 時事通信

2014-12-29

「各県処分」めど立たず=候補地の反対根強く-指定廃棄物問題
時事通信
東京電力福島第1原発事故で発生した放射性物質を含む指定廃棄物の処分問題をめぐり、国と地元の対立が深まっている。国は廃棄物が保管されている12都県内でそれぞれ処分する方針で、このうち仮置き場が逼迫(ひっぱく)している宮城、茨城、栃木、群馬、千葉の5県で ...

and more »

マツコ・デラックス×井筒和幸 年末恒例「まとめてシバいたる!」(2)自民党の圧勝は… – アサ芸プラス

2014-12-29

マツコ・デラックス×井筒和幸 年末恒例「まとめてシバいたる!」(2)自民党の圧勝は…
アサ芸プラス
ほんまなら、群馬からまず「仁義なき戦い」を起こさなあかんやろ! マツコ ワハハハ。それにさ、今回という今回は日本人 ... 自衛隊がどこへ行こうが、福島の原発がどうなろうが、そんなこと誰もこれっぽっちも考えてへんのよ。給料上げます、もうすぐ上げます、上がりまっせ‥‥ ...

and more »

【原発事故の賠償】「期限付き」は許せない(12月29日) – 福島民報

2014-12-29

原発事故の賠償】「期限付き」は許せない(12月29日)
福島民報
経済産業省資源エネルギー庁と東京電力は、福島第一原発事故に伴う営業損害賠償について、原発事故から5年となる平成28年2月で終了する素案を示した。 原発事故から3年10カ月近く過ぎたが、県民12万人以上が県内外で避難生活を送り、人が住めない避難区域がある ...

and more »

年のおわりに考える 見ず、聞かずの原発被害 – 東京新聞

2014-12-29

年のおわりに考える 見ず、聞かずの原発被害
東京新聞
東京電力福島第一原発から北西五十キロに位置する飯舘村では先月半ば、村民が一丸となって原子力損害賠償紛争解決センター(原発ADR)に第一次申し立てをしました。求めたのは、政府が避難指示を遅らせたことによる初期被ばくの慰謝料や、現在月十万円の精神的慰謝 ...

県内ニュースこの1年<上> – 東京新聞

2014-12-29

東京新聞

県内ニュースこの1年<上>
東京新聞
二〇一四年が暮れる。大雪や台風、日本原子力発電(原電)東海第二原発(東海村)をめぐる動き、降ってわいたような衆院と県議とのダブル選挙など、県内ではさまざまな出来事があった。一年を振り返る。 (年齢は当時). 【1月】. 1日=県の人口は1日現在で293万1006人 ...

and more »

見ず、聞かずの原発被害 年のおわりに考える – 中日新聞

2014-12-29

見ず、聞かずの原発被害 年のおわりに考える
中日新聞
東京電力福島第一原発から北西五十キロに位置する飯舘村では先月半ば、村民が一丸となって原子力損害賠償紛争解決センター(原発ADR)に第一次申し立てをしました。求めたのは、政府が避難指示を遅らせたことによる初期被ばくの慰謝料や、現在月十万円の精神的慰謝 ...

原発事故の賠償、負担分配再考を 大佛論壇賞を受けて 遠藤典子さん寄稿 – 朝日新聞

2014-12-29

原発事故の賠償、負担分配再考を 大佛論壇賞を受けて 遠藤典子さん寄稿
朝日新聞
突き詰めれば、破局的原発事故の損害賠償資金は、(1)事故を起こした原子力事業者、(2)その事業者から電力供給を受ける電気利用者(受益者負担)、(3)その他原子力事業者(相互扶助)、(4)規制・振興を司(つかさど)る国、のいずれかの負担の分配に帰結する。原子力 ...

原発の新規受注「インドが有望、でもこのままでは難しい」 東芝社長が語る – ハフィントンポスト

2014-12-28

原発の新規受注「インドが有望、でもこのままでは難しい」 東芝社長が語る
ハフィントンポスト
原発受注でインドを注視. 原発の新規受注案件はブルガリア、チェコ、カザフスタン、トルコのほか、「インドが有望」と語った。 ただ、インドには原子力損害賠償法があり、原発事故に際してメーカーが巨額の補償を負うリスクがあるため。「このままの状態では進出は難しい」と指摘 ...
再送-インタビュー:東芝、メモリー新工場の建設を来期判断 立地は「海外も選択肢」ロイター

all 3 news articles »

原発賠償 ADR申し立てが増加 11月末現在4825件 – 福島民報

2014-12-27

原発賠償 ADR申し立てが増加 11月末現在4825件
福島民報
東京電力福島第一原発事故の損害賠償をめぐり、被災者と東電の和解を仲介する原子力損害賠償紛争解決センターへの裁判外紛争解決手続き(ADR)申立件数が増加している。平成24年から毎年4千件を超え、今年は5千件に迫る。避難区域の住民らによる集団申し立てが ...

« Older Entries Newer Entries »
Copyright(c) 2014 原子力損害賠償群馬弁護団 All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業