Archive for the ‘弁護団からのお知らせ’ Category

弁護団ニュース第44号発行のお知らせ

2021-02-12

弁護団ニュース第44号発行のお知らせ

 

群馬弁護団ニュース第44号を発行しました。

控訴審判決を受けての鈴木克昌団長のコメントや原告のお一人である丹治杉江さんのコメント、控訴審判決を分析した関夕三郎事務局長の分析を掲載しています。

また,上告・上告受理申立てをした件に関するご報告もあわせて行っております。

 

引き続き、大きなご支援をよろしくお願いいたします。

 

上告・上告受理申立てについて(プレスリリース)

2021-02-04

上告・上告受理申立てについて(プレスリリース)

 

2021(令和3)年2月3日,一審原告67名(28)世帯が最高裁判所に対し上告及び上告受理申立てをいたしました。

上告・上告受理申立てのプレスリリース

 

上告・上告受理申立てに当たっての弁護団コメントは以下のとおりです。

● 控訴審判決により一定の範囲で一審よりも賠償が手厚くなった部分はあるが、まだ不十分な部分は多く、特に区域外避難者については被害の実態に全く見合っていない。原子力損害賠償制度は「最後の一人まで泣き寝入りさせない」という理念の下に策定された制度であり、その法制度の趣旨・理念に則った適切な賠償が行われなければならない。

● 国の責任に関しては、控訴審判決を読み込んだが、原発の安全性に対する意識が完全に欠落して いる。 このような判決をそのままにしておくと 、 将来の原発の安全規制が 益々緩やかになり、主権者である 国民が危険にさらされることになる。このような判決は最高裁で是正し、国の責任を明らかにした上で、原発事業者の利益追求のために国民の安全が脅かされることがないようにしなければならない。

 

東京高裁・判決文

2021-01-22

東京高裁・判決文

 

昨日言い渡された東京高裁の判決の総論部分をアップしました。

群馬控訴審判決01

群馬控訴審判決02

群馬控訴審判決03

群馬控訴審判決04

群馬控訴審判決05

群馬控訴審判決06

群馬控訴審判決07

群馬控訴審判決08

群馬控訴審判決09

群馬控訴審判決10

 

 

控訴審判決を受けての4県弁護団声明

2021-01-21

控訴審判決を受けての4県弁護団声明

本日言い渡された控訴審判決を受けて,山形・新潟・埼玉・群馬の4県弁護団声明をアップしました。

【控訴審判決】弁護団声明

2021-01-21

【控訴審判決】弁護団声明

 

本日言い渡された控訴審判決は,わずかながらの賠償金の上積みがあったものの,数々の証拠に反して国の責任を否定する,きわめて不当なものでした。

本日の判決に関する弁護団声明はこちらです。

 

弁護団ニュース第43号発行のお知らせ

2021-01-07

弁護団ニュース第43号発行のお知らせ

あけましておめでとうございます。

控訴審判決が早々に下される2021(令和3)年です。

本年もよろしくお願いいたします。

弁護団ニュース第43号を発行いたしました。

これまでの訴訟の経緯や控訴審判決の着目すべきポイントなどについて,じっくりご説明しているニュースです。

判決前に,是非ご覧ください。

 

弁護団ニュース第42号発行のお知らせ

2020-11-16

弁護団ニュース第42号発行のお知らせ

 

2020年11月,群馬弁護団ニュース第42号を発行しました。

群馬弁護団ニュース第42号(2020年11月号)

2021年1月21日の判決期日当日の流れなどを説明しています。

弁護団ニュース第41号(結審特別号)発行のお知らせ

2020-08-14

弁護団ニュース第41号(結審特別号)発行のお知らせ

弁護団ニュース第41号を発行しました。

先日,控訴審が結審となりましたので,控訴審でのたたかいの経緯や

今回の裁判の全国的な位置付けなどについて,鈴木克昌団長と関夕三郎事務局長より

詳細に説明させていただいております。

結審。判決は・・・

2020-07-13

結審。判決は・・・

2020(令和2)年7月9日,東京高等裁判所で口頭弁論期日が行われました。

この日,弁論終結,すなわち結審となりました。

 

判決は,2021(令和3)年1月21日午後2時からとなりました。

 

また期日の模様などは報告させていただくかもしれませんが,取り急ぎ。

 

弁護団ニュース第40号を発行しました

2020-06-17

弁護団ニュース第40号を発行しました

原子力損害賠償群馬弁護団ニュース第40号を発行しました。

結審期日についてのご連絡とお願い,さらには結審期日で提出する書面についての説明が書かれています。

2013年9月11日に第一陣訴訟が提起されてから,前橋地方裁判所,東京高等裁判所と約7年続いたこの訴訟ですが
いよいよ東京高裁での控訴審も7月9日に結審(弁論終結)となります。

ぜひとも皆さま,東京高裁にお越しください!傍聴席を満席にしましょう!!

・・・と言いたいところですが,新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から,
法廷に入る代理人の数も絞り,傍聴席も3分の1とするなどの規模を縮小しての開催となります。

本来は4月21日に結審予定でしたが,新型コロナウイルスの関係で7月9日に延期されたものです。
当弁護団は,できるだけ早く権利救済を!という信念を当初から持っております。
支援してくださる皆様にも,ぜひともご理解いただきたいと存じます。

« Older Entries
Copyright(c) 2020 原子力損害賠償群馬弁護団 All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業