1月, 2015年

社説:汚染水処理 態勢整え着実に進めよ – 毎日新聞

2015-01-30

社説:汚染水処理 態勢整え着実に進めよ
毎日新聞
福島第1原発の廃炉を巡っては、国の関与を強めようと昨年8月に原子力損害賠償・廃炉等支援機構が発足した。原子力規制委員会や経済産業省の汚染水処理対策委員会など他にも関係する組織は多い。政府は、東電への指導・監督体制や責任の所在を明確化すべきだ。
汚染水処理は二重三重の策を日本経済新聞

all 7 news articles »

田村市都路町への賠償 3月末で打ち切りに(福島県) – 日テレNEWS24

2015-01-29

田村市都路町への賠償 3月末で打ち切りに(福島県)
日テレNEWS24
原発事故に伴う避難指示が解除された、田村市都路町の住民への精神的損害賠償について、国の審査会の会長は、当初の方針通り、1年間で打ち切る考えを示した。 原発事故の損害賠償の指針を作る国の審査会がきのう開かれ、避難中の住民への賠償問題について議論され ...

and more »

県、配置地域拡大を検討 復興支援員 – 福島放送

2015-01-29

県、配置地域拡大を検討 復興支援員
福島放送
県は東日本大震災や東京電力福島第一原発事故に伴う県外避難者の相談などに当たる復興支援員の配置地域拡大を検討する。 内堀雅雄知事が28日に ... 新たな配置先として検討するのは、避難者の多い隣県の山形、新潟、群馬、栃木、茨城の5県。 平成27年度からの配置 ...

and more »

米印急接近で中国けん制? 日印関係強化と合わせ、中国は注視 – ニュースフィア

2015-01-29

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

米印急接近で中国けん制? 日印関係強化と合わせ、中国は注視
ニュースフィア
2008年には、アメリカとインドの間で原子力協定が結ばれている。ところが2010年、インドで「原子力損害賠償法」が可決された。この法律では、原発事故の際、原発を建設したメーカーに賠償請求がなされるようになる。そのため、米企業による原発建設の動きは止まってしまった ...
米印首脳、原発輸出の障害排除で合意ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
米印首脳、原発輸出の障壁見直し 電力不足解消へ政治決断河北新報

all 105 news articles »

県、配置地域拡大を検討 県外避難者対応の復興支援員 – 福島民報

2015-01-29

県、配置地域拡大を検討 県外避難者対応の復興支援員
福島民報
県は東日本大震災や東京電力福島第一原発事故に伴う県外避難者の相談などに当たる復興支援員の配置地域拡大を検討する。内堀雅雄知事が28日に ... 新たな配置先として検討するのは、避難者の多い隣県の山形、新潟、群馬、栃木、茨城の5県。平成27年度からの配置 ...

県、配置地域拡大を検討 県外避難者対応の復興支援員 – 福島民報

2015-01-29

県、配置地域拡大を検討 県外避難者対応の復興支援員
福島民報
県は東日本大震災や東京電力福島第一原発事故に伴う県外避難者の相談などに当たる復興支援員の配置地域拡大を検討する。内堀雅雄知事が28日に ... 新たな配置先として検討するのは、避難者の多い隣県の山形、新潟、群馬、栃木、茨城の5県。平成27年度からの配置 ...

and more »

県内指定廃棄物 全市町村アンケート 国、分散保管に理解 – 茨城新聞

2015-01-29

県内指定廃棄物 全市町村アンケート 国、分散保管に理解
茨城新聞
東京電力福島第1原発事故で発生した指定廃棄物の最終処分場建設問題で、環境省は28日、県内市町村長を集めた会議を水戸市内で開き、全44市町村を対象に実施したアンケート結果を公表した。22自治体が14市町(15カ所)で分散して保管している現状を支持し、国の計画 ...

and more »

都路地区の慰謝料打ち切り、原賠審会長は妥当との見解 – 朝日新聞

2015-01-29

都路地区の慰謝料打ち切り、原賠審会長は妥当との見解
朝日新聞
東京電力福島第一原発事故の損害賠償の指針を決める国の原子力損害賠償紛争審査会が28日に開かれた。昨年、避難指示が初めて解除された福島県田村市の都路(みやこじ)地区で慰謝料の打ち切りが3月末に迫っていることについて、能見善久会長は審査会後、打ち切り ...
福島原発事故「慰謝料1年で打ち切り」 原賠審会長、指針変えず産経ニュース
原賠審:賠償の指針維持 1年ぶり会合で毎日新聞

all 3 news articles »

環境省「分散管理を検討へ」〜茨城の指定廃棄物最終処分 – OurPlanet-TV

2015-01-28

環境省「分散管理を検討へ」〜茨城の指定廃棄物最終処分
OurPlanet-TV
国はこれまで、放射線物質汚染対処特措法の基本方針を受け、茨城、宮城、栃木、千葉、群馬の5県で、指定廃棄物の最終処分場を各県に1カ所建設する方針を掲げてきた。しかし、今日公表された処分に関するアンケート調査によると、茨城県全44市町村のうち半数の22 ...

福島原発事故「慰謝料1年で打ち切り」 原賠審会長、指針変えず – 産経ニュース

2015-01-28

福島原発事故「慰謝料1年で打ち切り」 原賠審会長、指針変えず
産経ニュース
東京電力福島第1原発事故の賠償指針を定める原子力損害賠償紛争審査会の能見善久会長は28日、現在の指針通り、1人当たり月10万円の慰謝料支払いを避難指示解除後1年で打ち切るのが妥当との見解を示した。文部科学省で開かれた審査会の終了後、記者団の取材 ...
都路地区の慰謝料打ち切り、原賠審会長は妥当との見解朝日新聞
原賠審:賠償の指針維持 1年ぶり会合で毎日新聞

all 3 news articles »
« Older Entries Newer Entries »
Copyright(c) 2015 原子力損害賠償群馬弁護団 All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業